MENU

べとつき、ぬるつきが気になる方は多い

男性は普段スキンケア習慣のない方も多く、女性よりも化粧品のべとつきに敏感な方が多いものです。
よく分からない方は、奥さんの化粧品をちょっと拝借したり、またはドラッグストアなどに並ぶテスター(店頭で自由に試していいサンプル)を使ってみてください。

 

多分、つけた直後のぬるぬる感、また乾いた後に汗や皮脂などと反応し、べとつきを感じると思います。
普段からメイクを始め、顔に何かをつけるという習慣があるという女性に言わせれば大したことないものであっても、慣れるまで時間がかかるもの。

 

こういった男性が髭剃り後のスキンケアにクリームを選ぶと、どうも気になって仕方ないという方も多いのです。

べとつきが苦手な方に

多少のべとつきは、化粧水でも起こります。これは、化粧水に含まれる成分が全て肌の中に入るわけではなく、肌表面に膜のように残るからです。
この膜が、しっとり感の要因になるわけですが、表面に残るために汗などで容易にとれてしまいますし、また水分を含むとぬるつきと感じられるわけです。

 

クリームには油分を含んでいますから、簡単にはとれないため、余計にぬるつきを感じさせます。これは慣れですから、一度買ったものは最後まで使うというあきらめも肝心です。

 

ただ、最初からこのべとつきを多少なりとも抑えつつ、しかも髭剃り後の肌をつるつるに保ちたいなら、美容液を使いましょう。

美容液とは、肌に栄養分を与えるための化粧品です。

一般的に、スキンケアは化粧水、美容液、クリームの順番で行います。それぞれ水分を与え肌を整える(化粧水)、肌に保湿成分などの美容成分を補充する(美容液)、肌にフタをして水分の蒸発を抑える(クリーム)という役割があります。

 

このうち、クリームについては皮脂の代用ですので、もともと皮脂の多い男性はなくてもかまいません。化粧水についても、洗顔直後など水分量などに問題がなければ、やはりなくてもいいでしょう。

 

でも、美容液は必須の存在と言ってもいいのです。

なぜ美容液が必要か

美容液には、主に保湿成分が豊富に入れられています。
保湿成分とは、肌の中にとどまり、水分を抱え込むことで肌の水分量を保つための成分です。

 

通常、肌の中に自分自身が作り出した保湿成分が多数存在します。ところが、加齢、紫外線の影響、肌トラブルなどにより、保湿成分が足りなくなるときがあります。
特に毎日の髭剃りは深刻なトラブルを引き起こしやすいもの。なぜなら、毎日肌のバリア機能である角質層を削り取り、更には肌に小さな穴を開け水分の蒸発ルートを作っているからです。

 

そのため、髭剃りの刃があたる部分は、どうしても保湿成分が少なく、乾燥しやすくなっています。
ここに美容液で保湿成分を与えることで、少しでもダメージを軽減する必要があるのです。

 

美容液には、いろいろな種類があります。
その中でもおすすめなのが、液状の美容液です。基本的に無色透明のアイテムが中心ですが、含まれる成分によっては色味がついていることもあります。

 

美容液は保湿成分の他、油分を含むため多少のぬるぬる感はあります。ただ、クリームや乳液と比べると油分は少ないため、肌に馴染みやすく、慣れるまでの時間は短時間で済むでしょう。

 

男性向けの美容液も出始めていますが、やはり女性用の美容液のほうが種類が豊富で、高機能です。
本サイトでは、いくつか美容液をご紹介してますので、ぜひ参考にしてみてください。

髭剃りケアにシルバーエッセンス

シルバーエッセンス

女性に人気のプラセンタ化粧品から初めてのメンズ美容液が登場! あえて高価な馬プラセンタを利用するこだわりをそのままに、さらりとした触感を実現した、利用し続けやすいオールインワン美容液です!

また価格も男性向けにリーズナブルに設定!これまでオールインワン美容液を使ったことのない男性にもおすすめできる1本です!

→公式サイトはこちら