MENU

カミソリか電動シェーバーか

カミソリでも電動シェーバーでも、肌に全くダメージを与えないことは不可能です。
ただ、道具の選び方によって、ダメージを最小限に抑えることはできます。

 

本サイトで解説しているスキンケアも大切ですが、もっと大事なことは最初からダメージを与えないことです。
大きなダメージを与えれば直るまでに相当な時間がかかります。それよりも最初からダメージを与えなければ、多少スキンケアをサボっても肌は健康な状態を保てるのです。

 

カミソリを選ぶポイント

いわゆるT字カミソリは、深剃りできるため、髭の濃い方にもおすすめです。
ただ、カミソリの刃が直接肌に触れるため、細心の注意を払い、また肌荒れさせない髭剃り方法をしっかり行うことが大切です。

 

T字カミソリは様々な商品が販売されていますが、やはり刃の数が多い5枚刃、6枚刃といったアイテムの方が安心です。
というのも、単純に力が入りにくいためです。1枚しか刃がない場合、刃に対する力はどうしても大きくなります。

 

同じ力でもあっても刃が多い方が、力が分散されるので、その分だけ肌へのダメージも少なくなります。
その分、多少価格の方も上がりますが、余計なダメージで後々トラブルを引き起こすよりも、毎日使うものですから良いものも選びたいものです。

電動シェーバーを選ぶポイント

電動シェーバーは、網刃(外刃)と内刃の2つで髭を剃る機械です。
網刃によって髭を持ち上げ、網の内側に入った時点で内刃が髭を刈り取る機械です。

 

このため、内刃は肌に触れず、網刃だけが肌に触れるためカミソリより肌への刺激は弱く安心なものです。
一般に、深剃りできる機種と、肌に優しい機種の2つの方向性があります。前者は深剃りできる分肌へのダメージが大きく、後者は剃り残しができやすい弱点があります。

 

さて、電動シェーバーの利点は、何より肌へのダメージが少ないことです。
ただ、カミソリのようにすぱっと切れるわけではないので、どうしても肌の上を何度もいったり来たりすることになります。
その結果、網刃で肌を擦ってしまい、ひりひりとした肌荒れが起こりやすいのです。

 

肌に優しい機種でも、肝心の髭剃り能力が低く、結局何度も行き来させたり、無駄に力が入ったりします。その結果、せっかくの優しさを自分で無駄にすることもあります。

 

最近の機種は高価格な分、顔の形に合わせてヘッドが動いたり、振動で髭を浮き立たせ深剃りできたり、髭の濃さを自動で判別してモーターの動きをコントロールする機能などがついています。
もし、すでに何年も同じ機種を使っていたり、また安価な機種を使っているのであれば、インターネット上の口コミ情報などを参考にして、新しい電動シェーバーを使うのもいいでしょう。

髭剃りケアにシルバーエッセンス

シルバーエッセンス

女性に人気のプラセンタ化粧品から初めてのメンズ美容液が登場! あえて高価な馬プラセンタを利用するこだわりをそのままに、さらりとした触感を実現した、利用し続けやすいオールインワン美容液です!

また価格も男性向けにリーズナブルに設定!これまでオールインワン美容液を使ったことのない男性にもおすすめできる1本です!

→公式サイトはこちら