MENU

肌荒れさせない髭剃り方法記事一覧

髭を意図的に伸ばしている方以外は、男性にとって毎日の習慣となるのが髭剃りです。大体10代後半から始まり、亡くなるまで毎日行う習慣です。あまりに日常的な行為だけに気づきにくいのですが、実は髭剃りは肌にとって大きなダメージを与える行為です。というのも、顔の皮膚は他の部位と比べても薄く、その肌を刃物で削っているのが髭剃りという行為です。もちろん、毛を剃っているのであって、肌を削っているわけではありません...

髭剃り後は肌荒れしてしまうという方は、髭剃りそのものに工夫が必要です。この過程を改善できれば、髭剃り後の肌荒れが減り、スキンケアも最小限で抑えられます。早速、髭剃りの行程について見直しておきましょう。髭剃り前に髭と毛穴を柔らかくしよう肌や髭が乾燥し固いままだと、髭剃りの刃が引っかかりやすく肌荒れの原因となります。これを改善するには、蒸しタオルが有効です。蒸しタオルは、濡らしたタオルを30秒から1分...

あなたは髭剃りをいつ行っていますか?特に意識していないけど、とりあえず出勤前にという方が多いでしょう。でも、実は髭剃りをしてはいけない時間帯があるのです。これを意識しておくとしていないのでは大違いです。改めて髭剃りに最適な時間を確認しておきましょう。髭剃りは、起床後20分以上経ってから朝起きてすぐに髭剃りという方も多いと思います。しかし、起床後すぐの肌は体液が膨張していること、睡眠中に汗をかくため...

カミソリでも電動シェーバーでも、肌に全くダメージを与えないことは不可能です。ただ、道具の選び方によって、ダメージを最小限に抑えることはできます。本サイトで解説しているスキンケアも大切ですが、もっと大事なことは最初からダメージを与えないことです。大きなダメージを与えれば直るまでに相当な時間がかかります。それよりも最初からダメージを与えなければ、多少スキンケアをサボっても肌は健康な状態を保てるのです。

あなたは髭剃りに電動シェーバーを使っているでしょうか?それとも、カミソリを使っているでしょうか?特にカミソリを使っている方に注意したいのが、刃の替え時です。元来、カミソリ販売のビジネスとは、替え刃の販売でもっているビジネスです。プリンターがプリンター自体の販売ではなく、インクの販売こそがメインであることと同じ意味です。ところが、替え刃は意外にいいお値段です。このため、ついついカミソリの刃を替えずに...

毎日髭剃りを続けると、肌が硬くなったように感じます。というよりも、事実として肌が硬くなります。特にスキンケアをほとんどしないまま数十年が経過すると、岩のような硬さになります。肌が硬くなる理由は、日々ダメージを受け続けるために、身体がその部分の角質を厚くして肌を守ろうとしているためです。このような現象が起こりやすい場所としては、足のかかと部分があります。かかとは、毎日踏みしめられる部分ですから、角質...

男性の日常に欠かせない髭剃り。しかし、髭剃りはあなたが思っている以上に、肌にダメージを与える行動の一つです。カミソリ負けのダメージは数年、数十年と蓄積されることで、ついには皮膚科で長期間にわたる治療を受けなくていけない羽目になります。カミソリ負けとは、毎日の髭剃りで皮膚の角質層にダメージを与えることで起こります。角質層は肌のバリア機能を担っていますが、ダメージを与え続けられるとその機能を失います。...